スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←やはり 清清しい →小欲知欲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



【やはり 清清しい】へ  【小欲知欲】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

お蕎麦な話

包丁のささくれ

 ←やはり 清清しい →小欲知欲
蕎麦を切る上で、よく耳にする言葉に「角の立ったそば」という行があります。

角を立てるために大切なことは、おそらく 適正加水でしっかり練りあげられたドウと切れ味優れる包丁と切り込むスタンス(手業)の違い 切り抜くという感覚の包丁使い 軽いタッチ 適度なスピードが要せられると思われます。
それプラス大事なことは、食して頂く方への想いが加味されなくてはいけないのでしょう きっともって。

角は立っていても、ボートを漕ぐオールに似て 水を得ていなければスムーズにボートは進まないが如くスムーズイン スムーズアウトのリズムが求められると感じています。
観ても眺めていても、軽快で身体に無理も掛からない姿が望ましいと思われ、決して派手なる所作ではないことと思うものです。

淡々とこま板の流れを見つめ、包丁送りする。

何故?そばを一生懸命 切り続けたいのか? その目的は? 何のため?

喜んで食べて貰える相手がいるからに他ならないのがわたい的なスタンスでしょうか。

時たま、包丁のささくれを気になさらない方の切ったおそばを啜らせてもらうことがあります。

角を立てようとするご努力も大切でしょう ささくれが啜りに感じないようなおそば打ちを心がけたいと思います。

蕎麦には角を ひとには丸味と衣食足りたなれば礼節を 

ささくれはいけないなぁ みつお 風。 ちょっと今夜は切り込みすぎ鋭すぎでしたか ね?



 
スポンサーサイト



【やはり 清清しい】へ  【小欲知欲】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【やはり 清清しい】へ
  • 【小欲知欲】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。