スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←気になった CM →会への参加希望
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



【気になった CM】へ  【会への参加希望】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

お蕎麦な話

 ←気になった CM →会への参加希望
タイニー・カフェテラスさんの貴重なサイト 
http://www.technex.co.jp/tinycafe/tinycafe.html
紹介させて頂きます。
ミクロの世界に探究心ある方には、お勧めかと思います。


小麦粉のスムージーな澱粉粒とそば粉の澱粉結集体の違いが走査電子顕微鏡から推察されます。

小麦粉の澱粉粒の顕微鏡写真です。
http://www.technex.co.jp/tinycafe/discovery20_04.html

そばの子実体状態で観える 澱粉構造(製粉する前の姿)
http://www.technex.co.jp/tinycafe/discovery18_20.html

そば実を割ったときに観える 筋子状の澱粉粒の顕微鏡写真です。
http://www.technex.co.jp/tinycafe/discovery19_18.html

澱粉粒を取り巻く細かい粒が、蛋白質です。澱粉粒を包み込むことで繋がりを齎しますが
小麦では網目構造で澱粉粒を包囲するのに対して、そばの場合は、筋子状の大きな澱粉に
蛋白粒が付着しているように観えます。
そばの澱粉の大きさを平均化 細小化することで癖の少ない打ち易い構造(蛋白粒の密度
にも影響されますが)になるように推察されます。

こういった違いをイメージしながら、そば打ち そば茹でするのも上達への道しるべになる
のではないでしょうか? でも、迷い道の深淵に近づいてしまって訳が解らなくなることも
あり、汎用とは云えなくもないです。
きっと、解る人には判るんでしょうが、何回視ても難解ですよね。
タイニー・カフェテラスさんの見事な探究心には、敬服 脱帽してしまいます。
スポンサーサイト



【気になった CM】へ  【会への参加希望】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【気になった CM】へ
  • 【会への参加希望】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。