スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←幸せの裏側 →今 人気のそば本!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



【幸せの裏側】へ  【今 人気のそば本!】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

蕎麦食べ歩き

真々庵 樽そば

 ←幸せの裏側 →今 人気のそば本!
連休初日、娘の衣装合わせのため 札幌日帰りしてきました。

小一時間だけ、フリータイム頂けたので、いざ!そば屋さん探訪。

8年ほど前までは、小樽運河沿いでそば屋さんを営まれていた「樽そば」さん。

真々庵 樽そば
玄関先には、石臼と生花で客人を迎えてくれる。そば屋らしいそば屋という感じです。

一茶庵直系のお店ではないようであるが、メニュー内容からしますと 片倉康雄氏にかなり深く傾倒したことが
伺われます。
しらゆきも捨てがたかったですけれど、切りべら23本手臼びきそば頂いてきました。お昼、家族の付き合いで
豚の背油たっぷり使った豚骨コラーゲンラーメン食べたので胃もたれしてしまったことと、そば頂いてから、
焼き鳥店でフィニッシュするんだから...との 約束の待ち合わせしていたもので... とほほモードでしたのです。

樽そば 手びきせいろ
天日塩田で作られたと思われる お塩付きで、まずはお塩まぶして一口 二口 微妙な甘さにまずは唸り。
生返しと思われる重みある つゆにちょぼ浸けして味わい。
薬味を足しながら つゆを味わう。
フィニッシュに、蕎麦湯の滋味を味わう。好ましい打ち粉を使われているようだとその余韻に浸ることができたようなです。

ちょっぴり、茹ですぎかと感じましたが、「茹で前はそば屋の恥」と云われますので、このくらいの茹でにも耐えられるそばを打ちこまなくてはいけないのか~ という教訓も頂いたような気持ちでした。

余韻の高さ 場の雰囲気 拘り 総合評価させてもらいますと ☆☆☆☆ あげちゃおう!! 
スポンサーサイト



【幸せの裏側】へ  【今 人気のそば本!】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【幸せの裏側】へ
  • 【今 人気のそば本!】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。