スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←板前と釜前について →小鳥の鳴き声聴きながら
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



【板前と釜前について】へ  【小鳥の鳴き声聴きながら】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

お蕎麦な話

そば屋幻庵 2

 ←板前と釜前について →小鳥の鳴き声聴きながら
そば屋幻庵 2 (SPコミックス) (コミック) かどた ひろし (著), 梶 研吾 (著)

出版されたようなので、明日でも本屋さん見回してきます。

今日は、SCMでお知り合いになった方に送るそばを気分よく打つことができました。

あらびき粉なので、外二にしました。エア便で発送しましたが、「時の重さ」と「振動」 「粒の大きさ」に

耐えられるかどうか?が心配になります。

翌日になってしまう出前は、数多経験してきて苦渋を何回も舐めてきましたので、それなりのものに仕上げた

つもりではあります。

茹での際、蛋白と水繋ぎから、一気にデンプンのα化繋ぎで艶やかに仕留めてくれること願うばかりです。

茹で方レシピも同梱したので、それなりのものにはなるでしょう。

最悪、スプーンもレンゲもフォークとかを駆使して頂ければ、怖いもんなしですね(笑-笑)

手繰れるように茹で上がること 祈るばかりです(微笑)

PMからは、GW最中というのに、麺棒とぶっかけ用の器、包丁の柄に生漆 掛けました。

今のところかぶれなし 〆 〆 と。

漆の抗体って果たしてできるのだろうか? 一度、薄めて生塗りして実験してみないといけないのかな~?






スポンサーサイト



【板前と釜前について】へ  【小鳥の鳴き声聴きながら】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメン卜投稿不可です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【板前と釜前について】へ
  • 【小鳥の鳴き声聴きながら】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。